ホーム > 府学歯の行う大会・研修会 > 事業部会とは

事業部会とは


事業部会は、大阪府学校歯科保健研究大会を主に担当致しております。大会の中で、大阪府よい歯・口を守る学校・園表彰、歯・口の健康啓発標語コンクールならびに表彰式、永年勤続学校歯科医表彰を行っております。
平成22年度においては新しい応募票のもと、9月16日予備審査、10月7日本審査を経て、12月2日に「第54回大阪府学校歯科保健研究大会」が開催されました。
今年度から第一事業部会と第二事業部会ができましたが、5名の新任部員を迎えたこともあり当面は合同で部会を運営してまいります。
当面の課題といたしましては、大阪府よい歯・口を守る学校・園表彰への応募を増やすこと、大阪府学校歯科保健研究大会への出席者を増やすことでございます。この課題に関しましては各学校歯科医の先生方のご協力無しには解決しえません。 担当されておられます学校・園への一層の御指導をよろしくお願い致します。
また、先生ご自身の大会への出席もよろしくお願い致します。



普及指導委員会とは

学校歯科保健活動に関する情報や制度の変更点などを会員へ広く伝達し、
そして学校歯科保健の充実、向上を目指して以下のような活動をしています。

1)生きる力をはぐくむ歯・口の健康つくり推進事業の支援

日学歯および府学歯の指定した事業推進校に対して、学校関係者や教育委員会を交えた大阪府「生きる力をはぐくむ歯・口の健康つくり推進事業」連絡協議会を開催し、助言援助をしています。
平成23・24年度の推進校は摂津市立千里丘小学校と和泉市立国府小学校です。

2)新任学校歯科医および会員研修会の開催

学校歯科医が教育者としての資質の向上を図るために、日学歯「学校歯科医生涯研修制度」に基づいて、学校歯科保健概論・保健管理・保健教育・組織活動の4項目を研修項目とした「学校歯科医基礎研修」を開催しています。
今年度は10月と2月頃に開催を予定しています。

3)スポーツ歯科の啓発

「府学歯スポーツ健康づくり委員会」を運営し、児童・生徒が、安全にスポーツ活動が出来るように啓発活動を行ないます。具体的には口腔外傷予防に効果的なマウスガードの普及、口腔外傷時の対応に関する啓発、会員研修及びフィールドリサーチが主な内容となっております。今年度は6月に学会報告(2題)、時期は未定ですがマウスガード講習会、口腔外傷対応マニュアルの作成などを予定しております。

4)事業部会が担当する
 「大阪府よい歯を守る学校・園表彰並びに大阪府学校歯科保健研究大会」への協力参加。

5)「食育」に関しての情報発信

食育基本法の施行に伴っての最近の「食育」に関して、いろいろと情報発信しています。